砂川ひろのりの日記

政治・経済・社会批評について

21世紀社会に生きる子どもたちのための幸福論(草稿):寛容と包摂の社会を目指すリベラリズム(宿題ばかりしているいまの子どもたち⑯)

3ヶ月近くにわたり書き続けてきた「宿題ばかりしているいまの子どもたち」も、今回でようやく終わりを迎えることができる。
書き始めた当初は、まさかこんなにも多くの文章を書くことになるなんて想像していなかっただけに、ほかならぬ僕自身が一番驚いている。
当然のことながら、5万字以上もの文章を書いたのは今回が初めての経験であり、参考文献をまったく使っていないだけに、もし加筆修正をおこなうとすると、10万字前後の文章にすることだってそんなに難しくはないかもしれない。
それだけの分量を書くに値する内容を扱ってきた証拠だろうか。
宮古に特化した教育社会論を展開したのは、おそらく僕が初めてである。
機会があれば、入念な聞き取り調査と資料調査、それに加えて理論的な概念分析をするための参考文献収集をおこなったうえで、もう少し筋道立った論理的な内容のものに仕立て上げてみたいと思ったりもするが、それはもっとずっと後のことになるだろう。
そもそもなぜ、このテーマで文章を書くことにしたのかといえば、その理由はやはり、自分がここ数年にわたり地元宮古で実際に接してきた数多くの教え子たちが置かれている現在の状況を目の当たりにして少なからぬ危機感を抱いたことにあり、そしてその教え子たちが今後生きていかなければならない21世紀社会をどうすればしっかりと生き抜いていけるだろうか真剣に考えたいと思ったからだった。
思うところを(教え子たちでも読めるように)平易な言葉で文章を通して伝えておきたかったのである。
いわば、この一連の文章は、これまで関わってきた教え子たちに宛てた長いながい手紙のようなものだと考えてくれたらそれでいい。
手紙とはいえ、それなりに役に立つアドバイスを各所に散りばめたつもりではいるため、参考にできるところはぜひ参考にしてもらえるのなら、これ以上の喜びはない。

宿題ばかりしていても幸せになることなんてできない。
というより、宿題をして学力が伸び生徒は限られている。
そのせいで、自己肯定感が剥奪される生徒が少なからずいる。
であれば、ほかのことに時間を使ったほうがいいし、それが許されるだけの多様性が社会にはあったほうがよい。
しかも、どんなに宿題を頑張ったって、20世紀と21世紀とでは、社会が求める能力が大きく変わったことを考えれば、今後そんなに役に立たなくなるかもしれない。
宿題するのも家庭学習をするのも、突き詰めて考えれば、将来幸せになるためにする勉強のつもりなのかもしれないが、21世紀になって「いい大学→いい会社→いい人生」という図式自体が崩れ始めている以上、勉強ができる子できない子問わず、宿題のほかにすべきことがもっとほかにあるはずだ。
21世紀社会においていい人生を送るためには、宿題をして学力を向上させることよりも、学校との接点を減らして自主性と社会性を育むことのほうが重要なのではないか。
そういったいくつかの新常識に照らし合わせて思うところを忌憚なく書き連ねてきたのが、「宿題ばかりしているいまの子どもたち」である。
21世紀が、成熟社会であり、グローバル化社会であり、情報化社会である点を踏まえたうえで、いままで正しいとされてきた生き方を見直すべき段階にまで来ているという認識を持っているのかどうか。
21世紀を成熟社会の観点から見ると、ミクロな個人としてならいざ知らず、少なくとも国家的な経済成長が不可能になった時代に差しかかったと見ることができ、グローバル化社会と情報化社会の観点から見ると、全世界的に、富める者がさらに富み、貧しい者がさらに貧しくなるという経済的二極化の進んだ格差社会が訪れることは避けようがないと言い切ることができる。
それでもなお、この世に生を受けた以上、どんな形であれ、子どもたちは生きていかなければならず、しかも、20世紀後半の成長社会で見られたような右肩上がりの経済成長を享受できないなかで生きていかなければならないのである。
そんな厳しい時代に指針になりうる新たな幸福論を、教え子たちにも理解できるように、学校や塾という小中高生にとって身近な例を挙げながら、ひとつの論理だった文章として確立してみようと思い立って書いたのだった。
大学生や大人に向けた文章にしていれば、もっと違った内容のものになっていただろう。

もし、行動遺伝学の研究成果なんて知らずに、学力の如何を問わず、勉強した時間数に比例して、誰であっても学力が伸びていくものだと信じた状態のままでいたなら、何も知らずに宿題や家庭学習を奨励していたのかもしれない。
もし、20世紀と21世紀とで求められている能力が違っていることにも気づかずに、大学に進学することがそのまま正しいと信じて、ほかの選択肢を視野に入れることの重要性を考えに入れていなければ、21世紀型能力を身につけるのではなく、宿題や家庭学習の延長線上で受験勉強に時間を使うことを積極的に推進していたのかもしれない。
残念ながら、いまでも多くの教育者は、そのような古い時代の価値観のなかで生きている。
ただ、それで実害を受けるのはほかならぬいまの子どもたちであるということに、大人はもう少し真面目に取り合ったほうがいい。
「学校化社会」がいかに子どもたちを苦しめているのか理解すること。
20世紀的価値観を相対化し、21世紀といういまの時代に合わせた価値基準に基づいて子どもたちと接すること。
そのためには、まず21世紀がどのような時代なのか俯瞰しながらしっかりと見極めること。
見極めたうえで、21世紀に必要とされる能力が一体何なのかを知り、実際にその能力を習得できるような形式に学校教育を変えていくこと。
繰り返すが、以上のような現状認識を持つことが21世紀を生きていくにあたりきわめて重要なものであるということを示し、そのうえで新たな幸福論を確立することを思い立ったがゆえに、15回にもおよぶ文章を一つひとつ書き上げてきたのだった。

最後に少しだけ抽象的な話をしたい。
これまで何度も述べてきたように、いまの宮古の子どもたちは、「高学歴化」した中高生と「ヤンキー化」した中高生に二極化しており、小学生に関して言えば、そのどちらかに分類される前の状態にあると見なすことができる。
いや、小学生ですら、すでにどちらかに分類される生徒がかなりの数出てきていると言っていい。
もちろん、そのどちらにも属さない生徒はいるにはいるし、僕がここまで書いてきた話のなかに理念的な部分があることは認めるが、とは言っても、以前と比べて分厚い中間層の数が減ってきているのは間違いのない事実である。
それに付け加えると、15回にわたる一連の文章の5記事目で、宮古の子どもたちは、「高学歴化」した中高生と「ヤンキー化」した中高生に二極化したとはいえ、両者とも20世紀的価値観のうえに成り立つ「学校化社会」によって生み出されたのだから、結局のところ同じ穴のムジナであると書いたことを覚えているだろうか。
そうなる理由は、(21世紀社会を生き抜いていくために必要な)21世紀型能力を互いに身につけずに来てしまったことによる。
その結果、21世紀がグローバル化社会であることを考えてみれば分かるように、両者は、反グローバリズム(=反リバタリアニズム)と親和性の高いコミュニタリアニズム(=共同体主義=現代のナショナリズム)に寄りかかりながら生きていかざるをえなくなる。
21世紀型能力を身につけていなければ世界を舞台に活躍することが困難になるため、日本国内にある特定の共同体(もしくは日本という共同体)しか依拠すべきものが残されていないことがその理由となるが、その場合の懸念事項として挙げられるのが、自分が属する共同体の善を優先するあまり、共同体の外にいる他者の存在について思考することがほとんどできなくなる状況が生まれてしまうということである。
いわゆる島宇宙化(=相互無関連化)と呼ばれる現象だが、ヘイトスピーチや移民排斥の運動など、ここ数年の排外主義的なナショナリズムが国を越えて同時多発的に起こっていることを思い出すだけでいい。
しかし、21世紀のグローバル化社会においてこのような動きに与するわけにはいかず、異質な他者の存在を前提にしない立場や戦略に依拠することにどうしても無理があることは、少し考えれば容易に気づく。
21世紀社会においては、他者に対する寛容あるいは想像力の理念を捨て去るわけにはいかないのである。
かと言って、単にリバタリアニズム(=グローバリズム)に転向すればよいのかと言えば決してそんなことはなく、アメリカ的価値観を全地球的に拡大することがリバタリアニズムの本質であることを考えると、現代がグローバル化社会だとはいえ、コミュニタリアニズム同様リバタリアニズムも他者に対する想像力に関しては原理的に思考することが困難な思想であると言わざるをえない。
したがって、コミュニタリアニズム同様リバタリアニズムにも寄りかかることは難しい。
では一体、他者の存在を前提において思考することができる思想的立場とは何なのか。
それはリベラリズムをおいてほかにない。
21世紀型能力を「社会性にフォーカスした非認知的な能力」と理念的に定義した根本的な理由は、まさにここにあると言っていい。
社会性とはつまるところ他者に対する想像力を指しており、リベラリズムは他者への寛容すなわち他者への想像力を説く政治哲学上の思想であるため、社会性を志向することは、取りも直さずリベラリズムを志向することと同じ意味を持つ。
したがって、21世紀において目指すべきはリベラリズムにもとづいた社会であると言うことができ、僕がこれまで何度も「自主性と社会性」の重要性について説いてきたのは、この2つの性質の兼ね合せがリベラリズムの本質だと理解したうえでの戦略だったからである。
幸福になるために宿題をすること以上に大事なこと。
現代世界がリバタリアニズムコミュニタリアニズムに分裂したまま衝突を繰り返している状況のなかで、「自主性と社会性」にもとづいて新たなリベラリズムを再構築することが、21世紀社会に生きるいまの子どもたちにとって幸福への道筋となるだろう。
誰かを幸せにできる人間こそ、幸せになるに値する人間だからである。

(完)