砂川ひろのりの日記

政治・経済・社会批評について

大学

大学へ行く意義は「立ち止まる自由」を得るため(高校を卒業したのち向かう場所で②)

「大学で学ぶとは、又、大学の場にあって、諸君がその時を得るということはいかなることか。大学に行くことは、他の道を行くことといかなる相違があるのか。大学での青春とは、如何なることなのか。」 卒業生にこう問いかけた渡辺校長は、大学へ行く意味を、…

大学で過ごす時間の特殊性(高校を卒業したのち向かう場所で①)

3月1日、ほかの地域同様、僕の地元である宮古でも高校の卒業式がおこなわれた。今年の卒業生がまだ高校に入学したてころ、当時働いていた予備校で何人かの生徒を相手にした経験があるが、そのあと間もなく、僕がその予備校を去ることになったために、それ以…

何者でもない自分を「何者」かだと勘違いさせてくれるtwitter

早いものでtwitterをやめてもう5年になる。僕が使い始めたのはtwitterが日本に上陸してまもない2009年の夏ごろだったから、周囲を見渡しても割かし早いほうだったんじゃないかと思う。当時はまだまだ誰にも知られていないようなサービスで、僕の周りで使って…

大人の言うことなんか聞かなくていい

年度始めで何かと忙しいこの時期、高校生には実力テストというのがある。いまお世話になっている塾のほうでも、高校生が夜遅くまでテスト勉強に励んでいたのだが、「いまはどんな問題がテストに出されるのだろう」と気になって、テスト対策用のプリントを見…