砂川ひろのりの日記

政治・経済・社会批評について

エッセイ

何者でもない自分を「何者」かだと勘違いさせてくれるtwitter

早いものでtwitterをやめてもう5年になる。僕が使い始めたのはtwitterが日本に上陸してまもない2009年の夏ごろだったから、周囲を見渡しても割かし早いほうだったんじゃないかと思う。当時はまだまだ誰にも知られていないようなサービスで、僕の周りで使って…

感情の劣化に抗うには

「感情を湧き立たせるためには、現実と摩擦を起こすことがどうしても必要で、現実を避けていると、感情は劣化していく。」というフレーズが、宮古に帰ってきて久しぶりに再会した知人と接したときに、ふと頭をよぎった。以下は、これまで本の世界に生きてき…