砂川ひろのりの日記

政治・経済・社会批評について

2017-06-06から1日間の記事一覧

21世紀社会に生きる子どもたちのための処方箋:宮古高校理数科の存在意義の立て直し(宿題ばかりしているいまの子どもたち⑭)

前回は、「宿題の廃止とテストの削減と校則の緩和」について自説を展開した。改めて簡単にまとめると、「学校的価値観を相対化し、自分が本当にしたいことのための自由な時間を確保する」ため、そして「先生との関わりを減らし、逆に子ども同士で関わる時間…